オクシズの古民家食事処 ながくま庵へ。※オススメです! - 地元
FC2ブログ

Welcome to my blog

Orenchi Wanko
We have updated mainly on the topic of our dog, Rin.
I would be glad if we could provide some useful information to everyone.

23

オクシズの古民家食事処 ながくま庵へ。※オススメです!

緊急事態宣言が終了したが、静岡県より県を跨いだ移動は自粛してほしいと。
まぁ~まだ県外に出ないでっというのは理解できる。
何よりもりんがまだ完治に至っていないので、遠出はりんがある程度治るまでは、いずれにしても我慢です。

さてっ今日はりんの通院日でもあるので、9:00頃りんを連れて獣医さんへ。
りんにとっては大嫌いな獣医さん。
待合室に入ると・・・またいつもの如く落ち着きがなくなり・・・・。
しばらくして診察台へあがると・・・もう大変。
(ノ_-;)ハア…
院長先生に診ていただくと。
「あっ!いいですね~」
「腫れも引いて順調に傷口も塞がってますね。」
先生の言葉にC=(^◇^ ; ホッ!としました。
このままなら来週末には抜糸となりそう。
もう少しの我慢だなりん。
(⌒~⌒)ニンマリ
診察の結果も良く、診察時間は予想より全然早く終了してしまったので、帰宅途中に少し寄り道して嫁号の洗車を。
本来、天気予報ではあまり良い天気ではなかったのだが、空には青空が。
なんか・・・全然:::( ^^)T ::: 雨も降りそうにないので。
セルフ洗車機にかけて、30分程かけ拭き上げ。
とても綺麗になりました。
こうして一度帰宅。
りんは自宅にて御留守番。
我々だけで、今日は前々からずっと行ってみたかった食事処でランチに。
丁度りんも外出出来ない状態なので、この時を逃さずに。
りん・・・<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ~♪

2日前に電話で予約して、本日の12:00から安倍川の支流、中河内川をどんどん上流へ。
口坂本温泉という静岡市内のチョー山奥にある湯治場方面に向かうと、長熊集落という場所があります。
いわゆるオクシズ地域に200年以上前の古民家をリノベーションした食事処が。
そのお店の名は・・・・・・『ながくま庵』さん。
ここ・・・結構有名な食事処で、予約しないとなかなか食べられない。
ずっと気になっていてやっと行く事が出来ました。
オクシズと言っても我が家から・・・30分程。
我が家も・・・オクシズのようなものか?
プププッ (*^m^)o==3
11:45頃に駐車場へ到着。
駐車場から建物まで50m程離れていて、テクテク・・・o(゜ー゜o)。。。。3とお店の方へ歩いて行きます。
お店に繋がる坂道入口にはこんな看板が。↓
20200523_000.jpg
この看板にも書いてありますがメニューはゆったりコースのA(1000円)とB(2000円)
後はお手軽な早飯コースの500円ランチがあります。
我々は行った事のある方のブログを拝見して、コスパが素晴らしいゆったりコースのB(2000円)をチョイス。
メニューが決まっているわけでは無く、その季節に合わせた食材などを使用して板さんが料理を提供してくれます。
そうそう。
予約時に嫌いな物や食べられない物を聞いてくれて、その辺りを考慮してくれるのでご安心を。
坂道の途中から山々が綺麗に観えます。
20200523_001.jpg
チョー山奥~。
でも空気も美味しいし、鳥の囀りが心地よいです。
この坂道の登り切ると・・・・古民家が!
20200523_002.jpg
w( ̄o ̄)w オオー!
これが200年前の古民家。
流石!オクシズ!
入口には看板が。
20200523_003.jpg
でも昔を彷彿とさせる逆読み看板。
これがまた良い味を醸し出してます。
もう最高!
(*^m^*) ムフッ
中は昔ながらの囲炉裏などが。
20200523_005.jpg

20200523_004.jpg

20200523_006.jpg

20200523_007.jpg
o(´^`)o ウー素晴らしい。
こんな風情のある場所で美味しい食事ができるなんて、なんと贅沢な!
席に着くと縁側の向こうには青々とした樹々が。
20200523_008.jpg
早速お料理が運ばれてきます。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
お品書きが無いので、持ってきてくれるおばちゃんの説明のみ。
20200523_009.jpg
覚えていられないので詳しい事は書きませんが、見ていただければ大体。
言った方の口コミなんかを拝見して、お料理が運ばれてくるのが遅いのでゆったりコースだと2時間程時間がかかるっなんて書いてあったので、結構のんびりなのかなぁ~?なんて思っていたら、続々とお料理が運ばれてきます。
かと言って、せかされるわけでは無いですけど。
(⌒~⌒)ニンマリ
20200523_010.jpg
サラダは完全に和というわけでは無いっぽく、イタリアン的なドレッシングが。
これはこれでトマトとマッチングして美味い!
20200523_011.jpg
肉じゃが的なお料理。
このそぼろの味付けが絶妙で、御飯にかけて食べたいぐらい。
後は鶏のコンソメ的なスープ。
20200523_012.jpg
これがお椀に入ってくるところが良い!
ここまでが前菜的な物?
ここからがBコースの真骨頂!
山奥ながら大量のお造りが。
20200523_013.jpg
パッと見・・・あまり量が無さそうですが、ホタテの貝殻の下にもミッチリとお造りが。
ホタテの貝柱、帯、ホタルイカ、クロマグロの中トロ、赤身、真鯛に多分・・・黒鯛?、ヒラメ? 〆鯖、真鯵 海老・・・。
わかない物も沢山。
ここまでで結構お腹が。
そして・・・お次は。
なんと!鮎の塩焼き!
20200523_014.jpg
”(*>ω<)o"クーーッ
良い型の鮎で25cmぐらいはある。
夏の味覚である鮎を一足お先に頂けて、なんと贅沢な。
昔は親父が友釣りをしていて、子供の頃は夏になると鮎の塩焼きを。
子供の頃には鮎の貴重さなんてあまり感じていなかったので、鮎が出ると・・・「えー・・・・また鮎~」っと文句を言ったものです。
今は親父も歳をとって友釣りをしなくなってしまったので、なかなか鮎にありつけず。
今になって昔はかなり贅沢だったんだなぁ~っと。
肝だけ残して頭からシッポまですべて頂きました。
鮎の塩焼きの次は・・・なんと!海鮮グラタン。
20200523_015.jpg
”(*>ω<)o"クーーッ
カリカリに焼けたパン粉とチーズの下には白身の魚と小海老が。
これまた香ばしくておこげの部分までスプーンでほじって。
プププッ (*^m^)o==3
これだけ食べて・・・お次がトドメのローストビーフ!
ご飯とアラ汁付。
20200523_016.jpg
)゜0゜(ひょえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
ご飯は艶艶。
アラ汁はしっかりと出汁が効いて、しかもアラじゃなくてしっかり身が。
そしてチョー柔らかなローストビーフ。
もう言う事無しです。
言うまでもなく・・・・お腹パンパン。
最後はデザートのフルーツヨーグルトが付いて。
20200523_017.jpg
これで2000円とは・・・・絶対にリーズナブル!
メチャクチャオススメです。
ここへ行く時は前日の夕食を抜いて行った方が良いぐらいかな?
りんには悪いが季節を変えて絶対にリピします。
皆さんも是非行ってみてください。
約1時間の大満足なランチタイムでした。

その後はりんの手術成功のお礼参りに森町の『小國神社』さんへ。
20200523_018.jpg

20200523_019.jpg

20200523_020.jpg
東名はETC割引が効かない為か?一般道が激混み。
多分、コロナのお籠りも限界で、お出掛けした人も多いんだろう。
森町まで2時間ぐらいかかってしまいました。
C= (-。- ) フゥー
小國神社も結構な人が。
りんのお願いに行った時はガラガラだったんで、前に戻りつつあるんだなっと実感できました。
こうして緊急事態宣言の終了後、2週目の土曜日が終了。

美味しい休日にする事が出来ました。
(⌒~⌒)ニンマリ
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment